最近、知人から、「弁護士はあまり情報公開をしていないので、例えば、交通事故で、どの弁護士に相談したら良いか、分かりにくい。」という話がありました。

そこで、交通事故の相談相手の選び方を、本音でご紹介させていただきます。

交通事故に精通した法律事務所は意外と少ない

多くの弁護士が取り扱い分野に「交通事故」と記載しています。

しかし、実際に年間にどれぐらいの相談を受けていると思いますか?
実際には、年間に数件しか相談を受けていない、という弁護士も多いのが実態です。

もちろん、弁護士ですから、過去の裁判例にもとづいて裁判を進めることはできると思います。
しかし、交通事故の相談は、当然、裁判の話だけではないはずです。

後遺障害が認定されるかどうか、保険会社との交渉をどう進めるか、等々です。
これらは、相談や経験の蓄積がなければ、適切な回答や対処が難しいと思います。

ですから、交通事故の相談をたくさん経験している、交通事故に精通した弁護士に相談されるのが良いと思います。

後遺障害の認定の相談にのってもらえる事務所を選ぶ

交通事故の事案では、後遺障害の認定が非常に重要です。
例えば、14級が認定されるのと、12級が認定されるのでは、数百万円以上、損害賠償の金額が変わってしまいます。
しかし、実は弁護士事務所で、後遺障害の認定に関して、相談にのってもらえる事務所は少ないのが現状です。

「後遺障害認定前の相談は受付していません」
「治療終了後にまた来て下さい」という回答があることが実はとても多いのです。
ですから、後遺障害の認定の相談にのってもらえる事務所にご相談されるのが良いと思います。

医療的の専門家と十分に連携している事務所を選ぶ

上記の点とも関連しますが、交通事故の事案では、後遺障害が重要な問題となります。
しかし、これは弁護士だけでは、十分な解決が図れません。
後遺障害の医療的側面についての専門家と十分に連携して、立証することが求められます
逆に、「弁護士が全てなんとかします」というのも眉唾なのです。

地元の弁護士を選ぶ

近時、東京の弁護士事務所が、「全国どこからでも相談を受け付けます!」という広告を出していたり、出張相談を実施していたりします。
ひどい場合には、依頼者と一度も面談せずに、「電話と郵送で解決します!」という事務所もあるようです。

しかし、交通事故の問題解決のためには、被害者やご家族と面談し、弁護士がその実情を理解し、最適な解決方法、支援方法を検討する必要があります。
当然、地元の弁護士に依頼したほうが、面談の負担は少ないはずです。

ましてや、裁判になる場合には、地元の裁判所に訴えを提起したほうが、ずっと良いはずです。

巧みな広告宣伝に惑わされずに、地元の弁護士にご相談されることをお勧めいたします