保険会社は裁判所の基準ではなく、保険会社独自の基準で賠償金を算出し、提案をしてきます。
そこで、弁護士は本来受け取るべき裁判所の基準まで、賠償金を上げることができるため、このように大きく異なった結果となります。

交通事故の損害賠償額には3つの基準がある

自賠責保険の基準
任意保険の基準
裁判の基準

の3つがあり、自賠責保険の基準 < 任意保険の基準 < 裁判の基準となります。
例えば、たとえば、2ヶ月入院した場合の傷害慰謝料は、下記の通りです。

自賠責保険の基準

252,000円

任意保険の基準

504,000円

裁判の基準

1,010,000円

保険会社によっては、示談交渉の際に自賠責保険金の保険金額を和解案として提示してくる時もあります。
これに気付かずに「保険の水準はこれくらいなのか」と安易に示談に応じてしまうと、後で取消ができなくなってしまいますので注意が必要です。
また、任意保険の基準は各保険会社によって多少違いますが,交通事故の裁判での基準と比べると一般にかなり低額なことが多いです。

「保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」とお考えになられたり、「早く終わらせたい」というお気持ちは良く分かりますが、本来受けられるはずの損害賠償金(保険金)が受け取れないことになりがちです。
保険会社から提示された示談の内容に納得が出来ない場合は、弁護士に問い合わせすることをお勧めします。

まずは、弁護士に相談されることをお勧めします。山本総合法律事務所は、いつでも交通事故問題に関する無料相談を実施しております。
着手金も無料となっておりますので、安心してお問い合わせください。