実は、当事務所の弁護士は以前に勤務していた事務所で、保険会社側で交通事故の事案を多数手がけていました。
しかし、現在は被害者側の弁護のみを行っています。

地方都市では、従来、弁護士が少なかったことから、保険会社側も被害者側も両方を手がける弁護士が多かったのです。

しかし、依頼者にとっては、保険会社との交渉に悩まれて、弁護士に交渉や裁判を依頼するのに、その弁護士が日頃は保険会社側の仕事をして、仲良くしている、というのは、やはり違和感があると思われます。

そこで、当事務所では被害者側の弁護士に特化し、保険会社側の事案は一切引き受けておりません
過去に保険会社側の事案も担当していましたので、保険会社側の事情も勘案して、被害者のために事案に当たることができると自負しております。