交通事故の被害にあわれた被害者が、弁護士に相談されるのは、多くの場合、保険会社との交渉段階で、損害賠償額などでトラブルになった場合です。
このような場合、当然、弁護士はお役に立てます。

保険会社は裁判所の基準ではなく、保険会社独自の基準で賠償金を算出し、提案をしてきます。
そこで、弁護士は本来受け取るべき裁判所の基準まで、賠償金を上げることができるため、このように大きく異なった結果となるからです。

しかし、実は他にも弁護士がサポートさせていただいたほうが良いことは沢山あります。

例えば、後遺障害の認定です。
実は、交通事故の事案では、後遺障害の認定が非常に重要です。
例えば、14級が認定されるのと、12級が認定されるのでは、数百万円以上、損害賠償の金額が変わってしまいます

ですから、後遺障害の等級が決まったあとで、保険会社と交渉しても、その等級の範囲の中でしか、交渉ができません。
一度、決まった等級を覆すことは、かなり難しいのです。
その点、症状固定前からご相談いただければ、弁護士や後遺障害の専門家が、どのような治療を受ければよいのか、どのような検査を受ければよいのか、等についてアドバイスさせて頂けます。

ですから、症状固定前のできるだけ早い段階でご相談されることをお勧めします。